Event is FINISHED

〆切間近「HoloLensアプリ開発講座」MRプロフェッショナルアカデミー /主催:株式会社VRデザイン研究所

Description

M R プロフェッショナルアカデミー/MR Professional Academy

「HoloLensアプリ開発講座」

=2018年7月開講=


M R アカデミーとは

MR(Mixed Reality)とは、複合現実と呼ばれ、人工的につくられたバーチャル空間と現実空間を融合させた世界をつくる技術です。 現実空間に物理的な制約のないバーチャルな空間の情報や物体を映し出し、双方向のやり取りが行えます。 2016年3月北米で「Microsoft HoloLens」がリリースされ大反響を呼び、製造業、医療、教育など様々な企業の現場で実用的な利用が進められています。

そこでMRアカデミーは、高まるMR開発ニーズに応えるべく、MR/HoloLensアプリの制作ワークフローから実際の開発手法を学べる短期集中講座を開講致します。講師は、先駆的にMRコンテンツを開発している先進企業のエンジニアが結集します!


【開催概要】


期 間:7/6(金) ~ 8 /31(金)
時 間:19:00 ~ 21:00
対象者:
≫HoloLensアプリの開発に興味のある方
≫これからHoloLensアプリの開発を検討している方
≫プログラミングレベル(初級から中級)の方
≫エンジニア、ディレクター、プロデューサーなど
定 員:20名
受講料:一般(早割) 98,000円(税別)、学生(早割) 58,000円(税別)
    一般(通常) 108,000円(税別)、学生(通常) 68,000円(税別)
    
会 場:フェローズ7階セミナールーム&VRアカデミー中目黒校(予定)
第1会場:株式会社フェローズ 7階セミナールーム(JR恵比寿駅徒歩2分)
第2会場:中目黒校(東横線・日比谷線中目黒駅徒歩2分)

※会場は変更する場合がありますのでご了承ください

M R アカデミー3 つのポイント


Point 01 | 毎週金曜19 時スタート、2 ヶ月間短期集中
平日金曜の2ヶ月間という短い期間でMRについて学ぶことが出来、短期でスキルを取得することが出来ます!

Point 02 | 企業の現場で働くプロが講師
現役開発者のプロが講師。最先端の技術にトライしている方から直接・最新情報のキャッチアップが出来ます!

Point 03 |少人数チーム制のプロジェクト学習
3~4名のチームを組んで学習に取組みます。チームで開発を学ぶのでエンジニアの方と一緒にディレクターやプロデューサーの方も参加が可能です。HoloLensアプリの開発ワークフローから実際の開発の技術までを学びます。




【講座紹介】

第 1 回テーマ:実例からみるMR アプリ制作「制作ワークフロー・その1」MRコンテンツ開発先進企業の最新事例

第 2 回テーマ:実例からみるMR アプリ制作「エモーショナルAI"ハニカAI”からみるMRアプリ制作ワークフロー」

第3, 4回テーマ: MR アプリ開発チュートリアル「視線とジェスチャーを使った操作方法を実装してみよう」

第5, 6回テーマ:MR アプリ開発実践1「HoloLensの空間マッピング機能を実装してみよう」

第7, 8回テーマ:MR アプリ開発実践2「HoloLensでCADやBIMデータを表示してみよう」

※講座内容は変更になる場合があります。 
※第3回目の講座以降からPC を用いた学習です。準備物:Windows10 ノートPC



【カリキュラム紹介】(一部)


第2回講座「実例からみるMRアプリ制作」
〜エモーショナルAI"ハニカAI”からみるMRアプリ制作ワークフロー〜
株式会社ハニカムラボ
©2012 Honeycomb Lab. Inc.

Azure Cognitive Services x HoloLens x 魅力的なキャラクターの連携で実現した、感情を豊かに表現するエモーショナルAI「ハニカAI」を元に、どのようにしてMR×AIシステムを開発したのか、MRアプリ開発の制作ワークフローについて学習します。


第5回、第6回講座「MRアプリ開発実践1」
〜HoloLensの空間マッピング機能を利用してみよう〜
合資会社VoxcellDesign
©VoxcellDesign Inc. All Rights Reserved.

壁や天井などに穴を開けると別世界が見えるMRアプリの開発をとおして
HoloLensの空間マッピング機能の使い方などを学習します。



第7回、第8回講座「MRアプリ開発実践2」
〜HoloLensでCADやBIMデータを表示してみよう〜
株式会社積木製作

製造業で使われているCADや、建築業で使われるBIMデータをUnityにインポートする方法とデータの最適化方法について学習します。そして最後にインタラクティブ要素を実装してみてHoloLens上で表示するアプリの制作に挑戦してもらいます。



【担当講師陣】




◆ネストビジュアル 株式会社
講師:代表取締役 植山 耕成
20年以上プロデューサーとして多くのTV-CMを制作。その後、大学院で経営戦略を学び2社のマネジメントを経験し、2014年3月に独立。革新的な映像表現をテーマに、デジタルコンテンツの開発に日々精進している。

〜会社紹介〜
映像コンテンツ」と「テクノロジー」の融合による高品質な映像表現を目指し、VRやMRをはじめ、プロジェクションマッピングや体験型のインタラクティブシステムの開発など、様々なデジタルコンテンツの制作・開発に関わっている。MRに未来を感じ、すでにストアに3つのコンテンツを公開しており、イマーシブルデバイスへのオリジナルアプリも提供が決まっている。
★HoloLens 代表作:「JK Bazooka」「 HoloTones」

◆株式会社 ハニカムラボ
講師:代表取締役CEO 河原田 清和
元気株式会社にて、コンシューマ向けゲーム開発に従事。のちに、マイクロソフト株式会社、Xbox事業部アドバンストテクノロジーグループにて、テクニカルゲームマネージャとして数多くのゲームデベロッパーのサポートを行う。その後Web業界に転身。ディレクション業務およびスマートフォンアプリやインタラクティブコンテンツの開発業務等を経て、その経験を活かし2012年6月に株式会社ハニカムラボを設立。

〜会社紹介〜
ハニカムラボは、ワクワクする面白いモノづくりをテーマに、スマートフォンなどのアプリケーション開発、Web制作、インタラクティブなデジタルコンテンツの企画開発を行っている。ゲーム業界での経験豊富なエンジニアたちと、Web業界での経験豊富なエンジニアたちが、真面目に遊びを追求し、最新テクノロジーとインターネット、リアルとバーチャルを組み合わせて、ワクワクする楽しいものを作り出すエンジニア集団。スマートフォンアプリ開発の他HoloLensの受託案件や研究開発に数多く取り組む。
※Microsoft Mixed Reality パートナー 認定企業



◆株式会社 シーディングソフテック
講師:代表取締役社長 石井 勇一
某大手電機メーカでトランザクションサーバーの開発に10年間従事。そののち同社の人材育成業務に希望異動。主に組込み制御、スマートフォンのためのプログラミング研修領域を担当。また趣味で続けていたUnityによるゲームやVRアプリ開発を続けている。

〜会社紹介〜
組込みからUnityによるHoloLensを含むxRアプリ開発の企業向け研修を主事業に行う。また代表取締役の石井氏はUnity Technology Japanのエデュケーション部門におけるアカウント・マネージャを兼任



◆合資会社 VoxcellDesign
講師:代表 脇塚 啓
業務用訓練シミュレータ製造メーカー勤務を経て2003年に合資会社VoxcellDesignを設立。リアルタイムレンダリングCGを主軸に3DCG全般の制作を行いつつ、近年はUnityを使用したオリジナルコンテンツの開発を進めている。

〜会社紹介〜
リアルタイムレンダリングCGを主軸に3DCG全般の制作を行う傍ら、近年はUnityを使用したオリジナルコンテンツ開発を進める。
★オリジナル作品:「Holelenz」 「日本列島VR」




◆株式会社 積木製作
講師:CASE Technology BIMマネージャー 竹内 一生
金沢工業大学 環境・建築学部卒。株式会社積木製作では、1つの事業部である【CASE】にて事業部責任者を務める。 ものづくりの現場にxR(MR/VR/AR)技術を取り入れた3次元ビジュアライズを提案し、某スーパーゼネコンや大手設計事務所との実績を残す。Microsoft HoloLens の案件でのプロジェクトが評価をいただき、Microsoft Mixed Reality パートナーの認定を受ける。その他にも UniteTokyo2018 や de:code2018 に講演や技術展示歴あり。

〜会社紹介〜
一級建築士でもある城戸太郎氏が2003年9月に設立。建築に特化したCG制作会社としてマンション、オフィス、公共事業等のCG完成予想図の制作を数多く手掛ける。建築空間を自在に歩きまわれるコンテンツを制作する為、2012年頃からVR事業をスタートさせる。その後、OculusRiftの登場によりVR需要が高まり、先行の利を活かして建築や不動産のみに留まらず、セールスプロモーション用VR、エンターテインメント、教育等多岐に渡ってVRの実績を積む。
※Microsoft Mixed Reality パートナー 認定企業




◆VR エクスペリエンスラボ
サポート:ラボ担当/VRエンジニア
VRコンテンツの企画・開発やVR/AR/MRの最新技術のリサーチ等を主な業務としている。MRアカデミーでは全体カリキュラム及び各講座のサポートスタッフとして皆様の学習のサポートを担当します。

〜会社紹介〜
VR エクスペリエンスラボは株式会社VR デザイン研究所の研究部門として活動。主に最新xR 技術の検証やVR コンテンツの企画と開発を行っている。現在、VR 教育システムを開発中。



※Microsoft Mixed Reality パートナープログラムは、確かな開発スキルや知識に基づいて、法人のお客様に HoloLens や Windows Mixed R eality(複合現実、以下MR)技術を用いたソリューションを提供出来るよう、マイクロソフト社が、パートナー企業に対してトレーニングや技術情報を提供し、実証実験を通じてスキルを高めていく事を目的とした認定制度です。
認定に際しては、日本マイクロソフトおよび Microsoft Corporation による厳正な審査があります。


問合せ先:MRプロフェッショナルアカデミー・入学事務局

info@vracademy,jp

何かご不明な点、質問等はお気軽にお問合わせください。


MRプロフェッショナルアカデミー/株式会社VRデザイン研究所

https://vracademy.jp/mr/

■MRアカデミーは無料説明会を開催しています


日  時:平日開催 11:00〜21:00
場  所:東急東横線・日比谷線 中目黒駅から徒歩2分
説明時間:1時間
説明会内容:学校説明会、VR/MR体験会
参加申込み方法

下記リンクよりVRアカデミーの無料説明会ページにアクセス。
サイト内にある申込みフォームよりご入力ください。
申込みページ

■ VRデザイン研究所の5つの活動

日本のVRマーケットを盛り上げるために5つの活動を推進しています

1.「VRプロフェッショナルアカデミー」即戦力のVRエンジニアを育成する学校の運営。
2.企業向けVRビジネスの研究会「VRビジネスフォーラム」の企画・運営。
3.一般向けVR体験会「東京VRコンテンツフェス」の企画・運営。
4.「VRエクスペリエンスラボ」VR/AR/MRコンテンツの企画・受託開発。
5.VR情報専門誌「VRランナー」の編集・発行。


Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#351064 2018-07-05 07:50:13
More updates
Fri Jul 6, 2018
7:00 PM - 9:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
株式会社フェローズ 7階・セミナールーム(JR恵比寿駅徒歩1分)
Tickets
1)一般(早割)税込 SOLD OUT ¥105,840
2)一般(通常)税込 SOLD OUT ¥116,640
3)学生(早割)税込 SOLD OUT ¥62,640
4)学生(通常)税込 SOLD OUT ¥73,440
Venue Address
東京都渋谷区恵比寿西1-7-7 EBSビル7F Japan
Organizer
VRプロフェッショナルアカデミー /主催:株式会社VRデザイン研究所
1,034 Followers